すきま時間でボキャブラリーがドンドン増える!英語上級者にもおすすめの英語手帳!

毎年、年末が近づくにつれ、どこの本屋さんにも登場する手帳コーナー。手帳の種類も本当に多種多様で、タイムマネジメントに有効な手帳とか、自分の目的に合った手帳を探すのってけっこう楽しいんですよね。新年を迎え、気持ちも新たに、今年は何か新しいものにチャレンジするぞ!と意気込んでいる人も多いのではないでしょうか?もちろん、英語力を向上したいという方も多いと思います。

このブログを読んで下さっている方はもちろん英語に対する意識が高い方だと思うのですが、忙しい日常の中ではなかなか英語の勉強に時間を割くというのが難しいという人もいるかと思います。私個人の経験からすると、語学習得への近道は、少しづつでもとにかく継続して英語なら英語に触れる時間を作り、英語のシャワーを浴びるように、膨大な量の英語に接していくことだと思います。とはいうものの、3日坊主という言葉があるぐらい難しい、継続するという努力・・・そんな中、偶然見つけたこの手帳がなかなかの優れもの。肩肘張って英語の勉強時間を作らなくても知らず知らずのうちに英語に触れている時間が格段にアップするという、英語上級者にもかなり使えるアイテムですので今回はこの手帳について紹介したいと思います。

それがこちらの、「英語手帳」。

英語手帳表紙

先日、本屋さんに行った時に偶然見つけたこの「英語手帳」、手に取って中身を見た時、おっ!と思ったのですが、その日は急いでいたので購入しませんでした。でもその後ずっと気になっていたので、後日公式サイトをチェックして、そこでポチってしまいました。公式サイトからだと、本屋さんでは販売されていなかったカバーの色や大きさなど色々選べておすすめです。サイズも大きめなものと小さめなものと2種類ありますね。私は最近、小さい文字を読むと目がヤバいので(笑)大きめを買いました。送料無料で、メール便でしたが注文した2日後には届きました。

ではこの英語手帳、何がそう印象的だったかというと、毎月、決められたテーマに合わせた、実践ですぐ使える単語が厳選されウィークリーの予定表に記載されています。トピックも1月は「意志の力」、2月は「片思い」というトピックから、9月は「片付けで人生が変わる」、10月は「節約と消費」など。断捨離や、コンマリメソッドとして海外でも大ブレイクした片付け術なども登場します。私もコンマリさんの本は大好きで、「人生がときめく片付けの魔法」は日本語版と英語版の両方持っています。ちなみに英語版は、びっくりするほど日本語原文に忠実に、しかもわかりやすい英語で書かれていますので、コンマリさんの本を読まれた方はぜひ英語版も読んでみてください!

こんな風に、たとえば9月は片付けに関する使える単語をリストアップ。毎日毎日、スケジュール帳としてこの手帳を使っているだけで、視界に入ってくる英単語をいつの間にか頭が記憶していきます。まさに反復の力を使った無理のない語彙力アップですね。

9月のウィークリー

そしてウィークリーの右半分は方眼のフリースペースになっていて、自由に予定を書き込めるようになっているのですが、下の方に、ウィークリーで出てきた新しい単語を実際に使用した例文が書かれています。単語は覚えたけどどうやって使ったらいいかな、とイメージがわかない時など、この例文が役に立ちます。

例文

手帳の中には、組み合わせてすぐに会話に使える例文も記載されています。How are you?と聞かれてとっさに単語が出てこず、機械的に、Fine, thank you. なんて言っていませんか?ここに書いてある組み合わせを覚えるだけでも会話の幅がだいぶ変わってきますよ。

こちらは、日常の行動に関する単語をリストアップしたページ。英語で日記を書きたい人も、こういう表現を知っておくと便利ですね。ATMで預金を引き出すとか、子供を迎えにいくとか・・・あと、無料で借りると有料で借りるの単語の違い、わかりますか?あとはその逆で貸すの単語とか・・・こういうちょっとごちゃごちゃになりそうなものも書いてあり、参考になります。

日常の単語

そしてメールアドレスを登録しておけば、この英語手帳の共著者であるChris Foskettさんから毎日英語のメールが届きます。ほどよい長さの文章で、Today’s Word: 毎日ミニレッスンという名前のメルマガが届きます。例えばこの日は、ブルース・リーの言葉を引用してKeep oneself from ~ingという表現にまつわるエピソードを紹介しています。ここでクリスさんも書いていますが、英語も1日に10語覚えるより1語、その方が楽だし長く続けられるから、と言っています。無理なく、コツコツ継続して続けることが、1年後の自分の大きな成長につながるということですね!

今まで気合をいれて英語を勉強しようとして三日坊主で挫折した人も、まずはこの英語手帳を普通のスケジュール帳として使うことをおすすめします。もちろん、慣れてきたら予定表の言葉も少しづつ英語で書いていくようにシフトしていけば、1年後にはボキャブラリーも大幅アップしていると思いますよ!

>>英語手帳の公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • ほろこ
    • 2018年 1月 05日

    私も新年は新しい手帳にいろいろ予定や目標を書いて、気持ちを新たにするのが習慣になってます。英語手帳、無理なく毎日新しい単語を覚えられそうでいいですね!しかもメルマガまでついてくるなんて。手に取ってみたくなりました〜

      • maxpotential
      • 2018年 1月 06日

      ほろこさん、

      はい、英語手帳に出てくる単語はどれも洗練された、使いこなせると表現力が格段にアップするものでいっぱいです!私も知らなかった単語もいくつもあり、へぇーと、毎日ページをペラペラとめくっては楽しんでいます。すでに手帳をお持ちでも、例えば食事管理や体重管理などで情報記載するのに使って、ながらで英単語も勉強しちゃうなんてこともできるかもしれません。

    • Jodymew
    • 2018年 1月 09日

    去年は同通会議でお世話になりました。
    手帳は使いこなせないけれど、英単語を勉強するためのメモ帳としてだけでも良さそうですね。ノートを持ち歩くよりヘタることがなさそうです。

    • maxpotential
    • 2018年 1月 10日

    Jodymewさん、

    こちらこそ先日の会議ではお世話になりました。
    そうですね、メモ帳としても読み物としても色々使い道がありそうですね!
    また何かの会議でパートナーでお会いできるのを楽しみにしています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。